スクワットやランジで膝痛を起こす方が少なからずいらっしゃいます。

ベテランのトレーニーでさえスクワットやランジで膝を痛めることがあるので、正しい方法を習得するのはなかなか難しいもの。

スクワットやランジは本来、痛めない膝を作るためにやるべきものと私たちは考えています。

1.スクワットやランジで膝が痛くなる理由

結論から言うと、前もも(大腿四頭筋)と後ろもも(ハムストリングス)の筋力のバランスが悪かったり、股関節の柔軟性が低下して、正しく股関節を動かすことが出来なくなったりすると、スクワットやランジをした際に膝に痛みが出るようになります。

また、『膝が内に入らないように・・・』『膝が前に出ないように・・・』『腰を反らせるように・・・』などと間違ったフォームの認識で自分の膝の関節に負担をかけている方も多いです。

ベテランのトレーニーでさえスクワットや、ランジで膝を痛めることがあるので、習得するのはなかなか難しいです。

スクワットやランジは本来、痛めない膝を作るためにやるべきものと私たちは考えています。

スクワットやランジで膝が痛くなる理由まとめ

◇大腿四頭筋とハムストリングスの筋力バランスが悪い
◇股関節が硬い
◇股関節がうまく使えていない
◇膝の動きだけを意識してスクワットやランジをしている
◇足首が硬い
◇背骨が硬い
◇体幹の機能が低下している
など

ピックアップすれば数多くありますがスクワットやランジをする時は、これぐらいのことを意識して実施できれば、膝に痛みを感じることなくスクワットやランジをすることが出来ます。

2.スクワットやランジってどこの筋肉を鍛えられる?

1. 大殿筋
2. ハムストリングス
3. 内転筋
4. 大腿四頭筋
5. 脊柱起立筋
などなど

代表的なのは、1~4の下半身を中心とした筋肉を鍛えるためにスクワットやランジをやります。

非常に危険なのは、スクワットやランジをすると大腿四頭筋だけに筋肉痛がきたり、疲労感を感じたりすることです。

3.スクワットやランジをする際の注意事項

◇前もも(大腿四頭筋)だけがパンパンになる
◇腰に痛みが出る
◇膝に痛みが出る
◇足首につまり感を感じる

このような状態の方は、必ずパーソナルトレーにフォームをチェックしてもらう必要があります。

すでにトレーナーさんにフォームを確認してもらっていても痛みを感じる場合は、医療系の国家資格を保有したトレーナーと一緒にトレーニングするのが理想的です。

4.パーソナルトレーニングSAMONAの強み

・『医療系の国家資格』×『国内外で通用するトレーナー資格保有』
・ 医師と提携
・ 管理栄養士と提携
・ プロアスリート、トップアスリートの指導

江東区大島パーソナルトレーニングSAMONAには、プロ野球選手、大相撲、新極真空手世界チャンピオン、プロボクサー、フィギュアスケートなど様々なアスリートたちが、パーソナルトレーニングをうけに来てくださっています。

もちろん多くの方の目的は、ダイエットや健康増進ですが、プロトレーナーの視点から、皆様の身体作りに貢献できればと考えています。

5.正しくスクワット、ランジをして健康的な日常を!

新型コロナウイルスが流行している社会・・・こんな状況なのにトレーニング?ではなく。こんな状況だからトレーニングをして健康的な身体を目指していきましょう。

当ジムは、濃厚接触に該当しない施設です。

また万全の対策を講じておりますので安心してお越しください。

【関連記事もご覧ください】

パーソナルトレーニングジムSAMONA
東京都江東区大島6-9-12 アプツ大島1階

YouTubeチャンネルで身体に関する動画を発信しています。
チャンネル登録お願いします!!必ず皆さんの生活に役立ちます。